ヘボン塾

攘夷運動の盛んな頃、福沢諭吉の先輩として交友のあった大村益次郎※は、オランダ語はできたものの英語には暗く、英語を学ぶ相手としてヘボンさんを見出します。

※長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった人物。

ヘボンさんが来日して間もない頃のことです。

大村は幕府委託学生として、数人の優秀な若侍たちといっしょにヘボンさんの塾生となったわけです。

しかしこの私塾はヘボンさんが横浜居留地に移る頃、攘夷運動がますます盛んになり、戦争の危機を感じる頃になると閉鎖せざるを得なくなりました。

その後、治安が回復するにつれ、今度はヘボンさんの奥さんのクララさんが日本人の子女のための塾を開くことになります。ヘボンさんは診療と和英辞典の制作に忙しかったために、クララさんが中心となって英語を教えていたようです。

いわゆるヘボン塾の始まりです。

当初女子のためだけに始められた塾でしたが、林薫(後の外務大臣)、高橋是清(後の総理大臣)、益田孝(後の三井財閥の最高経営者)らが入塾してきました。

人数も増えるにつれ、女子部を独立させることになります。このとき女子を率いて独立したのがM E キダーという女性宣教師で、この洋学塾は後のフェリス女学院になるのです。

また残った男子塾はジョン C バラという人物に譲られ、他のプロテスタントの学校といっしょになり、後に明治学院となります。ヘボンさんは推薦されてこの明治学院の初代総理となりました。

ヘボン塾の始まりは小さなものでしたが、文明開化の時代を大きく切り開く、若者の教育の種として、後に大きな実を結ぶことになったのです。

> 次へ